テレビCMより安価な、YouTube動画広告をビジネスに活用!!

皆様、ご存じの世界最大の無料動画共有サービス「YouTube」。ユーザー数は、全世界で19億人以上。日本国内でも6,200万人以上が利用しているといわれています。最近ではYouTube視聴機能が搭載されたテレビなども販売されており、PCやスマートフォン以外でもさまざまなデバイスで視聴ができるようになっており、ユーザーの年齢層も幅広くなっています。

YouTubeで動画コンテンツを視聴していると、途中でテレビCMのような広告が流れてきた経験はありませんか?これが「YouTube動画広告」です。企業が自社の商品やサービスを訴求するためのCM動画を制作して、それらをYouTube内の動画コンテンツを閲覧している見込顧客にプロモーションするために、YouTubeに広告を出稿しているのです。

あなたの会社は、検索連動型広告やディスプレイ広告などのインターネット広告は実施していますか?YouTube動画広告は、それらの従来の広告手法とは異なり、「動画」を使って商品やサービスを訴求できるという点が最大の特徴です。「文字」や「画像」と比較すると、「動画」という媒体では、より多くの情報を分かりやすく閲覧者に伝えることができます。結果として、見込顧客からの興味をより惹くことが可能になります。

「YouTuber(ユーチューバー)」という言葉も、よく耳にするようになったのではないでしょうか?自身が制作した動画コンテンツをYouTubeにアップロードし、広告収入などを得ることを生業とする職業のことで、現在、世界中で数多くのYouTuberが活躍しています。

YouTube 動画広告のメリット

YouTube動画広告にはさまざまなメリットがありますが、弊社ではYouTube動画広告の最大のメリットは以下の2点だと感じています。

1. 低予算

YouTube動画広告は1日 1,000 円程度の低予算から始めることが可能です。従来のテレビCMなどの場合は、数十秒のCMを流すだけで、数百万円、数千万円という膨大な予算が必要でした。それと比較すると、驚く程安価で手軽に広告を開始することができます。

また、前述の出稿設定でご紹介した通り、ユーザーが30 秒以上視聴した場合や、クリックなどのアクションをした場合のみに料金が発生するような設定もできるため、従来のテレビや雑誌、交通広告のように、「掲載するだけでお金がかかる」というようなムダな出費を抑えることもできます。

2.ターゲットが絞れる

YouTube動画広告は、Googleが所有しているさまざまな顧客情報を使って、顧客の属性、関心、行動情報などに基づいて、ターゲットを絞って特定のユーザー群に狙い撃ちで広告を表示することが可能です。従来のテレビCMのように、ターゲットを絞らずにマスを対象に広告をばら撒くのではなく、自社の商品やサービスの購入につながりそうな特定のターゲット顧客群だけに対象を絞って、ムダなく広告を配信することが可能です。

圧倒的な影響力を誇るYouTuberプロモーション

通常、1案件に対し、1人のYouTuberがプロモーション活動(動画作成、拡散)を行うのが極一般的なビジネスモデルですが、弊社は1案件に対し、複数のYouTuberがプロモーション活動をいたします。大物YouTuberの拡散力は、計り知れないものでは御座いますが、拡散範囲は、そのYouTuberのカテゴリー範囲にとどまってしまう可能性がございます。弊社の複数YouTuberを起用することのメリットですが、他種多様のジャンルのYouTuberに動画作成・拡散を依頼しますので、特定範囲の枠に止まらず、様々なカテゴリーのユーザーへと、商品・サービスをお届けすることが可能となります。